ジェットスター・ジャパンで手軽に国内旅行を楽しむ

LCCは遅延もあるので旅程には余裕が必要

関西空港はLCCが日本で一番多く就航している空港になりますが、LCCでも利用出来るために、多くの方が並んでいるので時間にはかなり余裕を持って行った方が良いです。
並んで30分、お好み焼きを焼く時間で30分、食事に30分で1時間半はかかります。
ジェットスター・ジャパンは以前よりは改善してきてはいますが、それでも遅延が多いので帰りの電車の時間にも余裕を持っておいた方が無難です。
成田から関西空港への便を利用した際には、3時間も遅延しました。
最初は何の説明もなく、30分、1時間と飛行機の出発時間がどんどん伸びていって、最終的には終電に間に合うか間に合わないかの到着時間になってしまいました。

もちろんジェットスター・ジャパンはLCCですので、終電を逃してしまっても何の保証もありません。
3時間遅延しても食事のケアも何もないままですので、旅行の予定に余裕を持たせておかなければ焦ってしまうこともあります。
移動費は安く済ませることが出来ますが、旅程は余裕を持って、時間に間に合わないということがないように気を付ける必要があります。
成田空港の第3ターミナルビルはLCCが集まっていますが、出発が重なる時間帯は混み合いますまた、預け荷物の重量を交渉したりする乗客もいるので、列の進みもスムーズではないので出発間際に預け荷物を持って並ぶとかなり焦ることになってしまいます。

関西航空から利用する場合ジェットスター・ジャパンは便利 : LCCは遅延もあるので旅程には余裕が必要 : 成田空港のLCCターミナルは食事も楽しめる